玉川学園の家

道路から4メートルの高低差のある高台の変形敷地。
土地購入の相談から、どのように建てるか一緒に悩みました。
大きなビューウィンドウの木製引き込みサッシ、そこから繋がる木製デッキ、外に広がる住まいです。
奈良吉野の桧梁が天井に並ぶ広がりのあるリビングは、ドイツ製のペレットストーブを据え付け、揺れる炎と眺望を楽しめるちょっと贅沢な空間に。
大工さん手作りの杉材の流し台には御影石のカウンター。北側ながらも天窓で明るく気持ちの良い浴室・洗面所の天井には桧材、壁にはホタテの漆喰。豊かな素材に囲まれた心地よい住まいです。
       
戻る