鎌倉常盤台の家

緑濃い鎌倉の山あいの築25年の建物を息子さん一家4人が住むことに。ご両親が想いこめて建てた注文住宅を、暗さや寒さを改善し次世代へ引き継がれる住まいに。
構造材はしっかりしていたので、土台も外壁もそのままで、1階の柱・梁をあらわにしてスケルトンに。床下に土間コンクリートを打って寒さと湿気を断ち、さらに床暖房を設置。
和室をなくして北側で寒かったキッチンを南に移動。LDKを中心に土間・テラス、音楽・パソコン室がオープンの繋がり、トイレ・浴室・納戸以外は回遊性を持たせたワンルーム空間に。
テラスから段差なく続くタイル貼りの土間を室内に取り込み、内と外とを一体化。
階段の位置はそのままに、段板だけにして大きな吹き抜けをつくり2階と一体感を持たせました。
       
戻る