家は人が住み、色や匂いがついて
       初めて「すみか」になります。
荒川建築設計室
住み人の夢、こだわりを引き出し、
設計者のこだわりが加味され、
そしてそれぞれの職人さんが腕をふるい、
生活の器が出来上がります。

何坪の家を建てるかではなく、
これからどのような住まい方をするかが大事。

生活の中で何が大切で、何が不必要なのか、
心地よいことと便利なことの違いを
一緒に考えていきます。

私たちは、自身の二世帯住宅での経験を踏まえ、
女の視点・男の視点からそれぞれアプローチし、
家族それぞれが心地よく感じられる居場所を
確保することを心がけて、家づくりを進めています。
子供が楽しく遊びまわり、人を優しく迎え入れる住まい。
都会にあっても自然を取り入れ、太陽や月の動き、風の流れを感じます。
荒川建築設計室 荒川朱美・正登
横浜市保土ヶ谷区西久保町97
Tel:045-331-5172
Fax:045-331-5759
■ プロフィール ■ 設計した家 ■ 設計のプロセス・設計料 ■ 書籍掲載・TV放映 ■ 考えていること ■ リンク ■ 問い合わせ ■